鬱とステージ3の大腸ガンに勝ったワタシが好きなことを綴るブログ

30代前半は鬱を患い、36歳でステージ3の大腸ガン発覚。どちらも乗り越えた今、好きなことや興味があることを綴っています。好きなピアニストはフジコ・ヘミングさん。好きな画家はアルフォンス・ミュシャ。好きな香水はTABU。主な資格 AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー、英国式リフレクソロジー、 介護職員初任者、 視覚障がい者ガイドヘルパー。

時を越えてのフジコ・ヘミングさん繋り。

こんばんは

ココカラです☘️

ワタシの膝でユキがニンジンをむさぼっています。
かわいくてたまりません😌

我が家のハムスター ジャンガリアン(スノーホワイト)のユキ🐹 ワタシの膝の上でニンジンを食べるかわいいユキ。 - YouTube




ワタシはピアノを習ったことがないのですが、フジコ・ヘミングさんのピアノを知ってからは、クラシック音楽にずいぶんと興味を持つようになりました。


クラシックを知ることで、バレエにも関心を持つようになりましたしね。



だいぶ前、ベートーヴェンの「月光」を無性に聴きたくなり、BOOKOFFへCDを探しに行ったことがあります。
(今は中古CDは、驚くほど安く手に入ります🙆)


とは言うものの、さまざなピアニストが「月光」のCDを出しています。(当たり前なのですが💧)


そこで、CD選びで迷うワタシ🤔
迷って悩んで決めたのはコチラのものでした。


f:id:cocokarakirakira:20180413215333j:plain
もうなにがなんだかわからなくなったので、ピアニスト云々ではなく、モガ(モダンガール)風な女性が描かれたこの一枚を購入。


家に帰ってさっそく聴きましたら、とても心地のいい「月光」でした。
どこかで聴いたことのある懐かしい音色に、涙があふれました。
これまた有名な「悲愴」も収録されていますし、ワタシは大満足🙌


それからしばらくたち、美輪明宏さんのエッセイを読む機会がありました。
そのエッセイの中で、なんと美輪さんはフジコさんと対談をされています。
(美輪さんはフジコさんの大ファン)


よく読むと、美輪さんは長年アルトゥール・ルビンシュタインというピアニストのことが大好きだと書いてあります。

そして、ルビンシュタインは、テクニック至上主義を嫌ったピアニストだとも書いてありました。
フジコさんのピアノと通じるものがあるじゃないですか~🤣


ミスタッチが多くても、ココロを震わせるピアノを弾くフジコさんの口癖は「機械じゃあるまいし」🙆
ホント大好きこの言葉!!


で、前置きが長くなってしまいましたが、だいぶ前に連れて帰ってきたそのCDの裏面を、なんとな~くじっくり見ていましたら、ワタシを驚かす名前が記されていました。



f:id:cocokarakirakira:20180413221205j:plain
なんとなんとなんとルビンシュタインの演奏だったのです!


※ピアノ演奏の収録年は1962年/63年と記載されています。
そして、ルビンシュタインはすでに亡くなられています。





素敵な偶然に鳥肌が立ちましたよワタシ。

「懐かしい音色」と感じた意味もわかりました。







フジコさんのコンサートが近づいて来ています🙆💛
f:id:cocokarakirakira:20180413221726j:plain



5月の前半は美術館をめぐります。
そして後半はフジコさんのコンサートと、芸術の春になりそう🙌





アメブロ時代もでしたが、記事を書くのは好き。


でも!!


タイトルはいつも悩むの。





本日も最後までお読みいただきありがとうございます💛