鬱とステージ3の大腸ガンに勝ったワタシが好きなことを綴るブログ

30代前半は鬱を患い、36歳でステージ3の大腸ガン発覚。どちらも乗り越えた今、好きなことや興味があることを綴っています。好きなピアニストはフジコ・ヘミングさん。好きな画家はアルフォンス・ミュシャ。好きな香水はTABU。主な資格 AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー、英国式リフレクソロジー、 介護職員初任者、 視覚障がい者ガイドヘルパー。

⑤アロマテラピーアドバイザーのタイ旅行記 いい人ばかりじゃないけど悪い人ばかりでもない タイ篇

こんばんは

リフレクソロジスト&(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザーのココカラです☘️

 


f:id:cocokarakirakira:20171106213428j:image

いただきものの、ノースサファリサッポロのおみやげです。

カピバラの運来(う○こ) 

 

ドーナツ🍩

運がつくかなー✨

 

 

タイ旅行記 二日目

続きます。

(写真を撮りすぎて、記憶を辿りながら編集するのがなかなか厄介。そのため二日目から先に進めない 🤣)

 

ワットアルンを拝んだあと、もうひとつの目的ワットポーを見るために、再度渡し船に乗りました。

 

プミポン国王さまの葬儀のため、タイ国民は皆黒い服を着用していましたが、この渡し船に乗り込む際も、黒い服の大群に囲まれてしまいました。

なかなかのアウェイ感がありましたが、改めて国王さまが慕われ愛されていることを、目の当たりにしました。

 

同時に、今から乗り込もうとしてる船が、間違いなくワットポーへ向かう船かどうか半信半疑で不安感も抱いていた私たち。

またまた地図を眺めながら、日本語であーでもないこーでもないとお互いの意見を言い合っていましたら、私たちの前に並んでいた親子(おかあさんと息子さん)に英語で話しかけられました。

 

「私は英語が話せます。あなた方はどちらへ行きたいのですか?」と息子さんが言ってくれていたようで、すかさず友人が「ワットポー」と答えました。

「だったらこの船で間違いないよ」と親切に教えてくれました。

 

日本語でのやり取りでも、言葉が伝わらなくても、ジェスチャーや表情からなにかに困っているとわかるんですね。

(たしかに、最初に声をかけてきたぼったくりおばちゃんも、私たちが困っているのを見破ったからこそ騙そうとしたし😣)

 

でも、この親子のように助けてくれる人がいるのも事実で、タイの人=平気でだますのではなく、人によるのだなと考えさせられました。

 

騙されそうになったために、“タイ人不振”になりかけましたが、すぐにあたたかさと優しさに触れることができて、タイが好きになりました🙆

 

あのときの親子さん どうもありがとうございました😌

おかげで気持ちがパアアッと明るく晴れたのですよ

と、伝えたい😂

 


f:id:cocokarakirakira:20171106205814j:image
ワットポーへ向けて乗り込んだ船からの景色。

 

そして

好きですこの眺め。
f:id:cocokarakirakira:20171106202013j:image
f:id:cocokarakirakira:20171106202016j:image

無事に船から降りられたのですが、喪服姿の国民たちがわんさかです。

近くに祭壇が作られておりまして、大々的なセレモニーが行われそうな予感。
f:id:cocokarakirakira:20171106202011j:image

帰りの交通渋滞が予測できたので、ワットポーへ向かうのを諦めました。

(いいの ワットアルンを拝めたから💛)
f:id:cocokarakirakira:20171106202000j:image

 

ホテルに戻る前にサイアムパラゴンへ下見に。
f:id:cocokarakirakira:20171106201959j:image

デパートの前には、国王さまへの哀悼の意を表すためのモニュメントが。

涙腺じわっとします。

 

f:id:cocokarakirakira:20171106202426j:image

サイアムパラゴンの外観です。

こうして見るとすごく立派😅


f:id:cocokarakirakira:20171106202520j:image

サイアムパラゴンのエントランスにも、立派な祭壇が設けられていました。 

気がつくと、私たちも自然と手を合わせるようになっていました😌

f:id:cocokarakirakira:20171107151127j:image

 

タイ旅行記まだ続きます。

おつきあいいただきましてありがとうございます。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます💛