鬱とステージ3の大腸ガンに勝ったワタシが好きなことを綴るブログ

30代前半は鬱を患い、36歳でステージ3の大腸ガン発覚。どちらも乗り越えた今、好きなことや興味があることを綴っています。好きなピアニストはフジコ・ヘミングさん。好きな画家はアルフォンス・ミュシャ。好きな香水はTABU。主な資格 AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー、英国式リフレクソロジー、 介護職員初任者、 視覚障がい者ガイドヘルパー。

沈黙の臓器・はたらきを知ると大切にするよね

こんばんは

リフレクソロジスト&AEAJアロマテラピーアドバイザーのココカラです☘️

 

函館にもようやくGUがオープンします。

(札幌のGUで買い物をしたのが5、6年前なので、本当に待ち遠しかったっ!)

それに先駆け広くなったユニクロで娘と買い物をしてきました。

 

買い物をすませ外に出ましたら…
f:id:cocokarakirakira:20171005213019j:image

じゃん🎵

今夜は満月を撮ることに成功しました🙆

よかった よかった

 

来年のスケジュール帳
f:id:cocokarakirakira:20171005213612j:image

星がミュシャっぽくて💕

薄くて軽く使いやすそう。

 

 

S状結腸ガンという大病を患っていた時は、ひどい貧血に悩まされていましたが、克服した今では貧血とはほぼ無縁のわたくし🙌

が、まわりの女性は貧血を抱えている人が少なくないです。

 

貧血=血液中のヘモグロビンが減り、細胞に酸素が行き渡らなくなるため、酸欠状態のことを指します。

そのため だるい ・疲れがとれない・ 顔色が悪いといううれしくない症状があらわれてしまいます。

 

血液の源となるたんぱく質や、ビタミン、ミネラル、鉄分をバランスよくとることが理想です。

 

わかってはいるけれどなかなかね😅

 

でも、

ふと思い出した時は、意識して寄せていきましょう🙆

 

 

いきなりですが脾臓の役割ってご存じですか?

肝臓と同じく沈黙の臓器と言われています。

 

この脾臓さんは、血液に入り込んだ異物を処理してくれる、いわばフィルター的な役割を担っているのです。

 

動脈から入った血液は脾臓というフィルターにかけられます。

この時若い赤血球だけ通し、古くなった赤血球は通しません。

(ちなみに赤血球の寿命は120日ほど)

 

血液を若くきれいに保とうとせっせと頑張っています✨✨✨

 

だるいなぁと感じるかたは、脾臓の反射区を強めにさすってみてください。

きっと痛いハズです。

そしてジャリジャリした感触があることでしょう。

脾臓のはたらきが滞っている可能性が高い証しです。

痛みがなくなるまで親指で刺激し、ジャリジャリを流してあげてください。

 

すごーくスッキリします。

カラダも楽に感じることができます。

 

※セルフリフレクソロジーを行っても爽快感を感じられない場合や、症状が改善されない場合は、医療機関への受診をおすすめします。

 

他の臓器に比べ、なかなかメジャーにはなれない脾臓さん。

脾臓のはたらきを知ると、おのずと感謝をし大切にし始めます🤗


f:id:cocokarakirakira:20171005221809j:image
 脾臓の反射区は左足にしか存在しません。

 

 

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます💛