鬱とステージ3の大腸ガンに勝ったワタシが好きなことを綴るブログ

30代前半は鬱を患い、36歳でステージ3の大腸ガン発覚。どちらも乗り越えた今、好きなことや興味があることを綴っています。好きなピアニストはフジコ・ヘミングさん。好きな画家はアルフォンス・ミュシャ。好きな香水はTABU。主な資格 AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー、英国式リフレクソロジー、 介護職員初任者、 視覚障がい者ガイドヘルパー。

ちょっとマニアックな内容ですが…

こんばんは

リフレクソロジスト&AEAJアロマテラピーアドバイザーのココカラです。

マイブームな曲が、プロコフィエフ作曲バレエ「ロミオとジュリエット」の組曲の中の“ モンタギュー家とキャピュレット家”

CMなどでおもしろおかしく使われていますね😁

 

重々しく威圧的でけっして明るくない曲。チューバがいい仕事をしています。

この威圧感がたまらないのか、しびれて興奮し、逆に元気になる私はマニアックなのでしょうか

⬇️⬇️

モンタギュー家とキャピュレット家

 https://youtu.be/RrinlX86rB8

 

そうそう 羽生結弦くんがスケートの時に使用していた、映画ロミジュリの曲も有名ですね。

私はどちらかというと、ディカプリオ版より、オリヴィア・ハッセー版で使われたニーノ・ロータの曲が好き❣️

映画の内容のおもしろさを取るなら、ディカプリオ版のティボルトがワルくていい🤣

たしか羽生くんはどちらの曲も使用していました🤗

 
f:id:cocokarakirakira:20170831183048j:image
f:id:cocokarakirakira:20170831183053j:image
 また聴き比べ。

今年亡くなられたスタニスワフ・スクロヴァチェフスキこと、ミスターSの指揮の“モンタギュー家とキャピュレット家”は、迫力満点!!

いつかプロコフィエフ作曲「ロミオとジュリエット 」のバレエ鑑賞をするのが、私の夢のひとつです。

 

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます💛